看護師派遣の仕事

看護師派遣として働くメリット

看護師の中には、いろいろな勤務スタイルで働いている人がいます。

 

その中でも派遣で働く看護師の方も多くなってきています。

 

看護師派遣は、まず派遣会社にスタッフとして登録します。

 

そして、派遣会社から紹介された派遣先に行って仕事をします。

 

給料は、まず派遣先から派遣会社の方に報酬として支払われます。

 

その上で、派遣会社から看護師に対して給料が支払われるシステムになります。

 

看護師は派遣先ではなく、派遣会社から雇用されている形式になります。

 

看護師派遣のシステムは、2004年に実施された労働者派遣法改正によってスタートしています。

 

医療機関や介護サービス事業者のところに派遣されて業務を行っていることが多いです。

 

看護師派遣も正規の看護師スタッフと基本的には同じスタイルで業務を担当することになります。

業務の指示は派遣先の担当者が行う

ただし、病院やクリニックのような医療機関に派遣される場合には、条件があります。

 

それは、紹介予定派遣であることを前提にしているという点です。

 

一定期間派遣スタッフとして働き、双方とも引き続き働くことに異存がないのであれば、正社員として働く雇用形態を紹介予定派遣といいます。

 

他にもパートタイマーとして看護師の業務を行っている人もいます。

 

パートタイマーの場合、もし職場を辞めると自分で次のパート先を探さないといけなくなります

 

しかし看護師派遣の場合、派遣先の雇用期間が終了したとしても、派遣会社が次の派遣先を紹介してくれます。

 

自分で次の職場を探す必要はありません。

 

業務の支持は、派遣先の担当者が行います。

 

しかし給料の支払いの他にも、社会保険の加入手続きといった事務的手続きは雇用主となる派遣会社が担当することになります。

 

この点を混同する人がいますので、注意しましょう。